『利休にたずねよ』┃山本兼一 ┃大人世代のための電子書籍ガイド/タブレット・リーダー比較ならスマート読書倶楽部

トップページ 電子書籍deスマート読書倶楽部トップページ 50・60代 大人世代のためのリーダー・タブレット・ストア比較ガイド 電子書籍deスマート読書倶楽部 -SMART READERS CLUB-

HOME今週の1冊「利休にたずねよ」

スマート読書倶楽部 おすすめ 今週の1冊(電子書籍)。
『利休にたずねよ』山本兼一

2014/07/14up

第140回直木賞作品「利休にたずねよ」小説

いよいよ、第151回芥川賞・直木賞の発表が今週の木曜日となりました。
芥川賞候補作は、
戌井昭人「どろにやいと」(群像1月号)
小林エリカ「マダム・キュリーと朝食を」(すばる4月号)
柴崎友香「春の庭」(文學界6月号)
羽田圭介「メタモルフォシス」(新潮3月号)
横山悠太「吾輩ハ猫ニナル」(群像6月号)
直木賞候補作は、
伊吹有喜「ミッドナイト・バス」(文藝春秋)
黒川博行「破門」(KADOKAWA)
千早茜「男ともだち」(文藝春秋)
貫井徳郎「私に似た人」(朝日新聞出版)
柚木麻子「本屋さんのダイアナ」(新潮社)
米沢穂信「満願」(新潮社)
今なら、期間限定でamazonとSony Reader Storeで過去の受賞作を割引で提供しています。
今回ご紹介した第140回直木賞受賞作「利休にたずねよ」は、
Amazon(375円)、Sony Reader Store(375円)、楽天koboイーブックストア(694円)、BookLive!(749円)、iBooks(750円)、Kinoppy(749円)となります。どのストアを選んで購入するかで書籍の価格が大きく違うのは、電子書籍ならではです。しっかりチェックして購入してくださいね。

[内容紹介]

女のものと思われる緑釉の香合を肌身離さず持つ男・千利休は、おのれの美学だけで時の権力者・秀吉に対峙し、天下一の茶頭に昇り詰めていく。刀の抜き身のごとき鋭さを持つ利休は、秀吉の参謀としても、その力を如何なく発揮し、秀吉の天下取りを後押し。しかしその鋭さゆえに秀吉に疎まれ、理不尽な罪状を突きつけられて切腹を命ぜられる。利休の研ぎ澄まされた感性、艶やかで気迫に満ちた人生を生み出したものとは何だったのか。また、利休の「茶の道」を異界へと導いた、若き日の恋とは…。「侘び茶」を完成させ、「茶聖」と崇められている千利休。その伝説のベールを、思いがけない手法で剥がしていく長編歴史小説。第140回直木賞受賞作。解説は作家の宮部みゆき氏。

利休にたずねよ

Kindkeストアの利休にたずねよページへ楽天Koboの利休にたずねよページへSony Readerストアの利休にたずねよページへBookLive!Lideoの利休にたずねよページへiBOOKSの利休にたずねよページへKinoppyの利休にたずねよページへ

※電子書籍ストア名の書かれたボタンをクリック(押す)と、各電子書籍ストアでの書籍紹介ページにリンクします。

[おススメ度]★★★

LinkIcon

1

この作品ページをご覧になっている方におすすめの日記(電子書籍)

[出典・参考]

  • BOOKデータベース
  • Amazon Kindleストア内容紹介

ページトップへ

お問い合わせフォームへリンク

電子書籍関連サービスメニュー

電子書籍トライアル講座

電子書籍お試しイメージ電子書籍リーダー(端末)購入前に代表的なリーダー(端末)を試してみたいという方のための講座をご用意しています。ご希望に応じて講座を開催することも可能です。ご希望の方は、お問い合わせフォームからご連絡ください。

お問い合わせフォームLinkIcon

電子書籍作成サービス

電子書籍イメージ電子書籍による出版をしてみたい方のためのサービスです。また、ご希望に応じて、Kindleストアでご自身の作品を販売する方法などもガイド。ご希望の方は、お問い合わせフォームからご連絡ください。

お問い合わせフォームLinkIcon