角田光代の作品紹介 ┃大人世代のための電子書籍ガイド/タブレット・リーダー比較ならスマート読書倶楽部

大人世代のための電子書籍ガイド/タブレット・リーダー比較ならスマート読書倶楽部(SMART Readers CLUB)ロゴ 電子書籍deスマート読書倶楽部トップページへ 50・60代 大人世代のための電子書籍リーダー・タブレット・ストア比較ガイド 電子書籍deスマート読書倶楽部 -SMART READERS CLUB-

作家別電子書籍紹介 電子書籍deスマート読書倶楽部おすすめ 作家別電子書籍作品紹介 「角田光代」の作品

角田光代・電子書籍特集

「角田光代」作品の電子書籍をご紹介。

角田光代さんは、大学を卒業して1年後の1990年、「幸福な遊戯」で第9回海燕新人文学賞を受賞。そして、2005年、『対岸の彼女』で第132回直木三十五賞受賞するなど人気の女性作家です。「対岸の彼女」「八日目の蝉」などでは、心に闇を抱えた女性たちの切実な思いを描いています。そして、「八日目に蝉」に引き続き2015年に「紙の月」が映画化されます。

この「紙の月」は原田知世さん主演でドラマ化もされていたくらいで、角田さんは大注目の作家さんです。

特集7 角田光代作品

角田光代さん[略歴]

1967年、神奈川県生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。
90年「幸福な遊戯」で海燕新人文学賞を受賞しデビュー。96年『まどろむ夜のUFO』で野間文芸新人賞、98年『ぼくはきみのおにいさん』で坪田譲治文学賞、『キッドナップ・ツアー』で99年産経児童出版文化賞フジテレビ賞、2000年路傍の石文学賞、03年『空間庭園』で婦人公論文芸賞、05年『対岸の彼女』で直木賞、06年「ロック母」で川端康成文学賞、07年『八日目の蝉』で中央公論文芸賞を受賞。
著者に『三月の招待状』『森に眠る魚』『くまちゃん』など多数。2010年7月には、毎日新聞の連載『ひそやかな花園』も単行本化された。

お問い合わせフォームへリンク

電子書籍関連サービスメニュー

電子書籍トライアル講座

電子書籍お試しイメージリーダー(端末)購入前に代表的なリーダー(端末)を試してみたいという方のための講座をご用意しています。ご希望に応じて講座を開催することも可能です。ご希望の方は、お問い合わせフォームからご連絡ください。

お問い合わせフォームLinkIcon

電子書籍作成サービス

電子書籍イメージ電子書籍による出版をしてみたい方のためのサービスです。また、ご希望に応じて、Kindleストアでご自身の作品を販売する方法などもガイド。ご希望の方は、お問い合わせフォームからご連絡ください。

お問い合わせフォームLinkIcon