池波正太郎01 ┃おすすめ作家電子書籍紹介 ┃ 大人世代のための電子書籍リーダー・タブレット・ストア比較ガイドならスマート読書倶楽部

大人世代のための電子書籍ガイド/タブレット・リーダー比較ならスマート読書倶楽部(SMART Readers CLUB)ロゴ 電子書籍deスマート読書倶楽部トップページへ 50・60代 大人世代のための電子書籍リーダー・タブレット・ストア比較ガイド 電子書籍deスマート読書倶楽部 -SMART READERS CLUB-

作家別電子書籍紹介 電子書籍deスマート読書倶楽部おすすめ 作家別電子書籍作品紹介 「池波正太郎」の作品

HOME作家別電子書籍紹介池波正太郎(「仇討ち」~「おせん」)

一癖も二癖もある脇役が登場する「池波正太郎」作品 1-12

[池波正太郎さん略歴]
いけなみ・しょうたろう(1923-1990)東京・浅草生れ。下谷・西町小学校を卒業後、茅場町の株式仲買店に勤める。戦後、東京都の職員となり、下谷区役所等に勤務。長谷川伸の門下に入り、新国劇の脚本・演出を担当。1960(昭和35)年、「錯乱」で直木賞受賞。「鬼平犯科帳」「剣客商売」「仕掛人・藤枝梅安」の3大シリーズをはじめとする膨大な作品群が絶大な人気を博しているなか、急性白血病で永眠。

池波正太郎仇討ち

  • 池波正太郎
    仇討ち
Kindkeストアの池波正太郎仇討ち ページへ楽天Koboの仇討ち ページへiBOOKSの仇討ち ページへKinoppyの仇討ち ページへ

[内容紹介]囲碁の口論から父を惨殺した笠原孫七郎を追って三十年。信州松本藩の夏目半介は仇討ち費用を人に貸して生計を立てる江戸暮らし。ふとなじんだ娼家のお君の、熟れた体に激しく溺れた。そのお君が悪事を犯しただんなと江戸を出奔、半介は後を追うが、その男こそ…。「うんぷてんぷ」以下、江戸時代の仇討ちをテーマとする八編を収録。仇討ち制度の非人間性と、それに翻弄される人間たちの運命を鮮やかに描く珠玉作品集。

池波正太郎抜討ち半九郎

  • 池波正太郎
    抜討ち半九郎
Kindkeストアの池波正太郎抜討ち半九郎ページへ楽天Koboの抜討ち半九郎ページへSony Readerストアの抜討ち半九郎ページへBookLive!Lideoの抜討ち半九郎ページへiBOOKSの抜討ち半九郎ページへKinoppyの抜討ち半九郎ページへ

[内容紹介]小気味がよくて、わかりやすい、時代小説の王道を歩んだ巨匠、選りすぐりの未発表小説集。

池波正太郎あばれ狼

  • 池波正太郎
    あばれ狼
Kindkeストアの池波正太郎あばれ狼ページへ楽天Koboのあばれ狼ページへSony Readerストアのあばれ狼ページへBookLive!Lideoのあばれ狼ページへKinoppyのあばれ狼ページへ

[内容紹介]野州・真岡の小栗一家と竹原一家の大喧嘩にやとわれて人を殺めてしまった渡世人たち―その不幸な生い立ちゆえに敵・味方をこえて結ばれる男と男の友情を描く連作「さいころ蟲」「あばれ狼」「盗賊の宿」。多淫な母親の若き日の嘘によって翻弄され続けた樋口角兵衛の生涯をたどる「角兵衛狂乱図」など、畢生の大作『真田太平記』の脇役たちを描いた4編の、全7編を収録。

池波正太郎あほうがらす

  • 池波正太郎
    あほうがらす
Kindkeストアの池波正太郎あほうがらすページへ楽天KoboのあほうがらすページへSony ReaderストアのあほうがらすページへBookLive!LideoのあほうがらすページへKinoppyのあほうがらすページへ

[内容紹介]人間という生きものの不思議さ、運命のおそろしさ……“ポン引き”の生き方を活写した軽妙洒脱でユーモラスな表題作、忠臣蔵の悲劇の主人公浅野内匠頭の、説明のつけようもない二面性を照射した「火消しの殿」、芝居や映画のヒーローとしてではなく、一人の武士として己れの立場を貫いた男を描く「荒木又右衛門」など、著者の多岐多彩な小説世界の粋を精選した11編を収める。

池波正太郎編笠十兵衛(上)

  • 池波正太郎
    編笠十兵衛(上)
Kindkeストアの池波正太郎編笠十兵衛(上)ページへ楽天Koboの編笠十兵衛(上)ページへSony Readerストアの編笠十兵衛(上)ページへBookLive!Lideoの編笠十兵衛(上)ページへKinoppyの編笠十兵衛(上)ページへ

[内容紹介]浅野内匠頭は吉良上野介へ刃傷におよび即日切腹となる。一方の上野介には何のとがめもなかった。“武士の喧嘩両成敗”という幕府の定法にもかかわらず、将軍綱吉の裁決は一時の気まぐれであり片手落ちだと世の反感をかう。柳生十兵衛の血をひき、将軍家から“御意簡牘”と呼ばれる秘密の鑑札を与えられている浪人・月森十兵衛は、幕府政道の“あやまち”を正すため隠密活動を開始する。

池波正太郎池波正太郎の銀座日記[全]

  • 池波正太郎
    池波正太郎の銀座日記[全]
Kindkeストアの池波正太郎池波正太郎の銀座日記[全]ページへ楽天Koboの池波正太郎の銀座日記[全]ページへSony Readerストアの池波正太郎の銀座日記[全]ページへBookLive!Lideoの池波正太郎の銀座日記[全]ページへKinoppyの池波正太郎の銀座日記[全]ページへ

[内容紹介]週に何度となく出かけた街・銀座。少年のころから通いなれたあの店、この店。そこで出会った味と映画と人びとは、著者の旺盛な創作力の源であった。「銀座日記」は、街での出来事を芯にした、ごく簡潔な記述のなかに、作家の日常とそこから導かれる死生観を巧みに浮き彫りにして大好評であった。急逝の2カ月前まで、8年にわたった連載の全てを1冊に収めた文庫オリジナル版。

池波正太郎雲霧仁左衛門(前)

  • 池波正太郎
    雲霧仁左衛門(前)
Kindkeストアの池波正太郎雲霧仁左衛門(前)ページへ楽天Koboの雲霧仁左衛門(前)ページへSony Readerストアの雲霧仁左衛門(前)ページへBookLive!Lideoの雲霧仁左衛門(前)ページへKinoppyの雲霧仁左衛門(前)ページへ

[内容紹介]神出鬼没・変幻自在の怪盗・雲霧仁左衛門。政争渦巻く八代将軍・吉宗の治世、江戸市中で、一人の殺傷もなく一万両を盗み出すという離れ業を成し遂げた雲霧一味は、次の狙いを尾張・名古屋の豪商・松屋吉兵衛方に定める。雲霧の命により、七化けのお千代は、四年前に妻を亡くした吉兵衛に近づく。金蔵をめざして、江戸から名古屋へ盗賊一味の影が走り、火付盗賊改方の一団が追う。

池波正太郎英雄にっぽん

  • 池波正太郎
    英雄にっぽん
Kindkeストアの池波正太郎英雄にっぽんページへ楽天Koboの英雄にっぽんページへiBOOKSの英雄にっぽんページへKinoppyの英雄にっぽんページへ

[内容紹介]出雲の富田城主尼子氏に仕えた山中鹿之介は、十六歳の折、伯耆の行松氏との合戦に参加、敵の猛将を討ち取り、勇名を馳せた。だが、虎視眈々と中国地方の統一をもくろむ毛利元就は、凄まじい謀略と圧倒的な軍事力で富田城を攻め落とす。牢人となった鹿之介は艱難のすえ、一城を奪い、織田信長の支援を得て尼子家の再興をはかるが…。“忠誠心”の代名詞として、日本人に愛されてやまない武将の生涯を描く戦国ドラマ。

池波正太郎江戸の味を食べたくなって

  • 池波正太郎
    江戸の味を食べたくなって
Kindkeストアの池波正太郎江戸の味を食べたくなって ページへ楽天Koboの江戸の味を食べたくなって ページへSony Readerストアの江戸の味を食べたくなって ページへBookLive!Lideoの江戸の味を食べたくなって ページへKinoppyの江戸の味を食べたくなって ページへ

[内容紹介]春の宵につまむ鯛の刺身、秋には毎日のように食べた秋刀魚、冬の料理に欠かせぬ柚子の芳香…季節折々の食の楽しみと、それらが呼び覚ます思い出を豊かに描いた「味の歳時記」。フランス旅行で偶然出会った、江戸の面影を感じさせる居酒屋“B・O・F”への偏愛をつづる「パリ・レアールの変貌」など。食を愛し、旅を愛した大作家の、絶筆となった小説や座談会も収録した傑作随筆集。

池波正太郎江戸の暗黒街

  • 池波正太郎
    江戸の暗黒街
Kindkeストアの池波正太郎江戸の暗黒街 ページへ楽天Koboの江戸の暗黒街 ページへiBOOKSの江戸の暗黒街 ページへKinoppyの江戸の暗黒街 ページへ

[内容紹介]ひくく声をかけて、いきなり女に飛びかかった小平次は、恐ろしい力で首をしめあげ、すばやく短刀で心の臓を一突きに刺し通した。その時、恐怖に引きつった青白い顔でじっとみつめる少女と顔を合わせてしまった。「見られた…。生かしてはおけない」男は江戸の暗黒街でならす名うての殺し屋で、今度の仕事は茶問屋の旦那の妾殺しだったのだ…。色と欲につかれた江戸の闇に生きる男女の哀しい運命のあやを描いた傑作集。

池波正太郎おおげさがきらい 池波正太郎未刊行エッセイ集1 (池波正太郎未刊行エッセイ集 (1))

  • 池波正太郎
    おおげさがきらい 池波正太郎未刊行エッセイ集1
Kindkeストアの池波正太郎おおげさがきらい 池波正太郎未刊行エッセイ集1 (池波正太郎未刊行エッセイ集 (1)) ページへ楽天Koboのおおげさがきらい 池波正太郎未刊行エッセイ集1 (池波正太郎未刊行エッセイ集 (1)) ページへSony Readerストアのおおげさがきらい 池波正太郎未刊行エッセイ集1 (池波正太郎未刊行エッセイ集 (1)) ページへBookLive!Lideoのおおげさがきらい 池波正太郎未刊行エッセイ集1 (池波正太郎未刊行エッセイ集 (1)) ページへiBOOKSのおおげさがきらい 池波正太郎未刊行エッセイ集1 (池波正太郎未刊行エッセイ集 (1)) ページへKinoppyのおおげさがきらい 池波正太郎未刊行エッセイ集1 (池波正太郎未刊行エッセイ集 (1)) ページへ

[内容紹介]けんか、笑い、涙。友人知己、食と旅を通して生き生きと描かれる人生の感動。まだ本になっていない佳編・名編、45編。池波正太郎のラスト・エッセイ。

池波正太郎おせん

  • 池波正太郎
    おせん
Kindkeストアの池波正太郎おせんページへ楽天KoboのおせんページへSony ReaderストアのおせんページへBookLive!LideoのおせんページへKinoppyのおせんページへ

[内容紹介]〔けころ〕とよばれる娼家から身請けされ、いまは囲われ者となっているおせんと、かつてのなじみ客でゆすりの罪で島流しにあった男の母親との心のふれあいを描いた表題作。それがその男の口ぐせとも知らず“不作の生大根”という罵言にかっとなり、思わず殺してしまった世間知らずの娘の、その後の人生を追った「三河屋お長」。ほかに「あいびき」「お千代」「梅屋のおしげ」など全13編収録。

池波正太郎作品ページをご覧になっている方におすすめの作家

[出典・参考]

  • BOOKデータベース
  • Amazon Kindleストア内容紹介
  • 楽天koboイーブックストア
  • Sony Reader™ Store
  • BookLive!
  • iBookstore
  • 紀伊國屋書店Kinoppy
  • 新潮社ホームページ 池波正太郎氏著者一覧

ページトップへ

電子書籍関連サービスメニュー

電子書籍トライアル講座

電子書籍お試しイメージ電子書籍リーダー(端末)購入前に代表的なリーダー(端末)を試してみたいという方のための講座をご用意しています。ご希望に応じて講座を開催することも可能です。ご希望の方は、お問い合わせフォームからご連絡ください。

お問い合わせフォームLinkIcon

 

電子書籍作成サービス

電子書籍イメージ電子書籍による出版をしてみたい方のためのサービスです。また、ご希望に応じて、Kindleストアでご自身の作品を販売する方法などもガイド。ご希望の方は、お問い合わせフォームからご連絡ください。

お問い合わせフォームLinkIcon