電子書籍でできること。 ┃大人世代のための電子書籍リーダー・タブレット・ストア比較ガイドならスマート読書倶楽部

大人世代のための電子書籍ガイド/タブレット・リーダー比較ならスマート読書倶楽部(SMART Readers CLUB)ロゴ 電子書籍deスマート読書倶楽部トップページへ 50・60代 大人世代のための電子書籍リーダー・タブレット・ストア比較ガイド 電子書籍deスマート読書倶楽部 -SMART READERS CLUB-

HOME電子書籍とは電子書籍でできること。

■電子書籍は、ここが便利!

電子書籍でできる、あんなこと、こんなこと。

欲しい本をすぐに購入できる
⇒本屋さんに買いに行く必要がありません!

line

Wi-Fi環境さえ整えば、PCがなくても購入可能

無線でネットワークに接続するWi-Fiの環境さえ整っていれば、リーダー(端末)上で電子書籍を購入することができます。
そして、専用リーダー(端末)の中でも、「Kindle Paperwhite 3G」「BookLive!readeer Lidio」には、通信回線が組み込まれていますので、リーダー(端末)さえあれば追加の通信料は不要です。通信のための電波が届く場所であれば、いつでも、どこでも欲しい本がすぐに購入できるので、大切な時間を有効活用できます。

文字の大きさを調整できる
⇒老眼でも眼鏡いらずでスマート読書!

line

好きな文字の大きさに簡単に変換できます

50・60代の皆さんに電子書籍をおススメする大きな理由の一つが、この文字調整機能です。紙の本を読むときは、文字が小さすぎて、眼鏡がないと読みにくいということがありますよね。電子書籍であれば、文字の大きさを調整できるので、もっと気軽に読書が楽しめます。

無料の書籍が多数!
⇒名作好きならお得に読書ができます

line

サンプル版が用意されている本もあるので、無料でもかなり楽しめます

夏目漱石の『こころ』や芥川龍之介の『羅生門』など、学生の頃に読んだ作品も、今読み直してみると、また違った想いを抱くものです。こうした著名な作家の著作権の切れた文学作品などをインターネット上に無料で公開している「青空文庫」という電子図書館があります。青空文庫で公開している作品は1万点以上です。また、新刊でもサンプル版を用意しているケースも多いので、試し読みだけなら無料で楽しめます。

1,000冊以上の本をリーダー(端末)に保存できる
⇒本を収納するスペースの心配不要

line

一度購入すれば、再度ダウンロードもできるので安心です。
(再ダウンロード可能期間の設定あり)

電子書籍専用リーダー(端末)の容量は2-4GB(ギガバイト)が主流。容量が少ない2GBの場合でも、活字本であれば1,000冊以上保存ができます。ただし、写真や図版、絵などが掲載されている本の場合は、データサイズが大きいため、2GBでは20-30冊程度しか保存ができません。
その場合でも、電子書籍リーダーには、データ保存をするためのメモリーカードの「マイクロSDカード」で容量を増やせる機種もありますので、スペースの心配は不要です。
また、一度購入した本は、購入履歴から再度ダウンロードすることができます(期間の制限あり)ので、容量がいっぱいになっても、安心です。

しおり、手書きメモ、マーカー等が使用でき、検索も可能
⇒電子書籍ならではの便利な機能がいっぱい

line

あらかじめ搭載されている辞書で単語の意味をすぐに調べられたり、マーカーつけたり、削除したり紙の本ではできない便利な機能がいっぱいあります。

電子書籍リーダーには、しおりだけでなく、手書きでメモができたり、マーカーを引いたりといった機能が搭載されていますので、紙の本を読む時と同じように読書を楽しむことができます。
一方で、電子書籍ならではの便利な機能も満載です。たとえば、わからない単語が出てきたら、あらかじめ電子書籍リーダーに搭載されている電子辞書を使って、その場で意味を調べることができます。また、お気に入りの一節をSNSに投稿して、お友達と共有できたり。新しいスタイルで読書ができるのです。
ただし、紙のようにパラパラとページをめくるということができないのが、電子書籍の弱点ですね。

123


お問い合わせフォームへリンク

電子書籍関連サービスメニュー

電子書籍トライアル講座

電子書籍お試しイメージ電子書籍リーダー(端末)購入前に代表的なリーダー(端末)を試してみたいという方のための講座をご用意しています。ご希望に応じて講座を開催することも可能です。ご希望の方は、お問い合わせフォームからご連絡ください。

お問い合わせフォームLinkIcon

電子書籍作成サービス

電子書籍イメージ電子書籍による出版をしてみたい方のためのサービスです。また、ご希望に応じて、Kindleストアでご自身の作品を販売する方法などもガイド。ご希望の方は、お問い合わせフォームからご連絡ください。

お問い合わせフォームLinkIcon